AMMで動画を作成する際の記事ネタ収集パターンは4パターンあります。

【1】最初に提供するトレンド記事サイト (4つ)から自動収集
   ↑
 全自動収集

【2】お好きなテキストと画像を手動でセット
※コピペでも、オリジナルネタでも構いません。

上記が基本です。

手動(コピペ等)でセットする限りどんなネタ元からでも動画作成は可能ですし、お金はかかりません。

【3】4つの提供サイト以外に、10サイト程度は既に自動収集サイトを用意していますので、
その中でご希望のサイトがあれば安価に提供できます。2000円/サイト~

【4】2の手動コピペ作業をもっと効率化したい等、自動収集に対応させる開発を希望される場合は、対応可能か確認したのち別料金で対応します。

はい。

 

Win8,10では、タブレットでつかう為の機能として音声読み上げ機能が充実していますが、Win7では音声読み上げ音源は基本的についていません。

逆に最新のWin10にはウィンドウズムービーメーカーが含まれていません。

 

 

ですので、

 

Win7は、音声読み上げ音源がない場合、ご自身で音源をインストールする必要があります。

また、音声ファイルの長さを自動で取得する事が出来ませんので、一部手作業となります。

 

Win10で、最新機種の場合はウィンドウズムービーメーカーをインストールする必要がある場合があります。

 

 

いいえ、1クリックでこたえがでないので分析が必要なのです。

 

ただ、AMMを使うと大幅に精度と効率がUPします。

 

 

たとえば、実社会の例で「社運をかけて売り出したいアイドルオーディション」を行う時に、

 

 

1)自分の町内で探す

VS

2)日本中から探す

 

どちらでおこないますか?

 

また

1)写真だけで選考する

VS

2)ルックス、しゃべり、特技など近年売れるアイドルに必要な様々な要素を加味して選考する。

 

 

おそらく両方とも2)の方法だと思います。

 

 

つまり同じ分析でも、多くの候補を、成功する為の多くの要因で分析する事により、

高い精度で目的にあった結果を見つける事が可能になるのです。

 

そうやって集めた高レベルのアイドル候補を、最後は数字に頼らず審査員の感性で、最終的に決める事で、売れるアイドルが見つかる可能性が高まります。

 

 

AMMで行う各種分析も意図は同じで、

・できるだけ広い範囲、データを対象にし、

・様々な成功要因を数値化した値で、分析・選別。

・最後に目視を含めて最善の結果を得る。

これが、ツールを使って分析作業を行うメリットです。

 

1クリックだけとはいきませんが、手作業分析の場合とは比べ物にならないほどの結果と効率化ができる事が想像できたと思います。

 

 

直接的にはNo

間接的にはYes です。

 

視聴回数を増やすには様々なルートのアクセスを増やし、それを逃さす視聴回数につなげていく事が必要です。

 

AMMでは、戦略、作業の質を高め、作業効率を劇的に改善することができますが、やはり使い方次第です。

 

「ツールを使えば、視聴回数がアップする」 ではなく

「ツールを活用できれば、視聴回数を効率よくアップさせる事が可能となる」

2017/12 現在、動画のまとめ動画は作成できません、
動画を素材として、まとめ動画を作る機能は、私自身が欲しいと思っています。
実現には技術面以外の問題があるのですが、できるだけ早く実現したいと考えています。※実現を約束するものではありません。

2018/01 に簡単に動画まとめ動画を作成支援する機能と解説を追加しました。

フルオートではありませんが動画まとめ動画の量産が大幅に効率できる機能です。

AMM開発時には、多くのYoutube系商材を読破し、必要機能を研究しましたので、

アクセスを集める根幹の部分※1は、どの商材でもほとんど変わらず、AMMで効率化できる自信があります。

※1 モデリング・分析を行い、戦略をたて、初期アクセスを効率よく集めるSEOを行い、資産となるチャンネルを育成する。等

 

ただ、枝葉の部分※2は、各商材の特色が出るところですので、AMMが対応できない事もあるかもしれません。

※2 マネタイズの手段、攻めるジャンル、動画素材 等

 

しかし、**商材のノウハウとAMMができる事の本質を理解したら、様々な応用が可能だと思います。

 

ツールに頼り過ぎず、且つ、ツールで出来る事はツールに任せて、

自分なりに応用し活用していただけることを期待しています。

 

AMMには、あえてノウハウは付けていません。

 

それは、AMMは画一的な使い方ではなく、非常に応用が利く設計にしていますので、

各自自分のやり方、アレンジで活用してほしいからです。

 

ですので、あらかじめYoutueアフィリを学び、手作業で実践したあとで、

AMMを手に取っていただくのが、AMMの意味と価値を最大限に活かす手順だと考えています。

 

 

とはいうものの、AMMを片手にYoutubeノウハウを真面目に学んでいけば、

挫折する事なく、取り組んでいける可能性は大きいと思います。

 

 

ですので信頼できるアフィリエータさんのサポート付きでAMMを購入されるか、

または、「AMM検討中メルマガ」内で、お勧めのYoutube商材との超お得なセット販売のご案内も行っていますので、そちらをご検討ください

 

 

実は私もAMMに追加したいのですが、サムネイルを作る為のソフトは有料、無料含めて数多く存在する為、優先度は低くなっています。

 

AMMでしかできない事をまだまだ追加しますので、その後、サムネイル作成機能も検討していきたいと考えています。

 

実際に作業を行っている方ほど、その改善効果に驚いて感動されます。

 

是非自分の今の作業を思い浮かべながら、じっくりとご覧ください。

「AMM検討中メルマガ」でも詳しく説明しています。

 

非常に良くある質問なのですが、AMMを一般公開するにあたり、

 

「同じ動画であふれるスパム化」だけは避ける為に、自由度を高める設計を行っています。

 

例)

・ネタ元 ーー 無限大の記事ネタ数(自動収集サイト+自由なサイト+オリジナル記事)

・動画レイアウト ーー 自由にカスタマイズ可能

・動画の構成 ーー スクロール、よみあげ、画像切替など自由に組み合わせ可能

・テキスト編集 -- 自分で設定したルールで編集可能

 

自分で少し工夫するだけで、オリジナル動画を作成する事が可能です。

自動ツール(AMM)だから削除される。という事はありません。

 

動画削除やYoutubeアカウント、アドセンスアカウントの停止になる要因は様々ですが、

 

それは、手動の場合も自動の場合も変わりません。

 

どんなネタで、どんな動画を作るのかは、使用する方の使い方次第です。

 

※著作権的にグレーな記事は採用しない。スパム的な大量投稿はしない。などの配慮が必要です。

基本的に画像と文章で説明していますが、説明に使う「単語」が難しい場合がありますので、必要に応じて動画説明を行っています。

 

また、不明点が出たとき、AMM上から説明書やFAQに簡単にアクセスできる様にしています。

 

いいえ。

パソコン内に動画を自動で作成しますが、それ以降の作業(UpLoad、タイトル、サムネイル設定など)は手動で行います。

 

AMMは、

・テキストスクロール

・画像切替

・テキスト読み上げ

・BGM

の機能を組み合わせて利用できます。

 

例えば「面白画像集」などは、画像切替とBGMだけで簡単に作成可能です。

New 2018/1 動画まとめ動画 を簡単に作成できる機能を追加しました

「永遠に使えます」と書きたいところですが、

 

・Youtube

・Windows

・ウィンドウズムービーメーカー

 

という外部サービスをAMMは利用していますので、様々な要因で利用できなくなる可能性があります。

 

ただし、技術的に対応可能な限り追従する予定です。

いいえ、残念ながらWindowsパソコンでのみ利用可能です。

現在はウィンドウズムービーメーカーのみ利用可能です。

 

しかし、ウィンドウズムービーメーカーは配布が終了していますので、

将来的には、AviUtlを含め他の動画ソフトへの対応を考えています。